レーシックというのは今とても注目されている目の視力回復手術のことです。レーシックはレーザーを使って視力回復手術を行いますから目をメスで切ることなく視力回復を期待できるものです。
レーシックは近視矯正の手術なのですが、日帰りで帰れるくらい簡単に行われる手術で1回のレーシックの手術ですぐに視力が回復することが特徴です。
レーシックはたとえばメガネができないという人にとってはとても便利な手術で芸能人やスポーツマンたちがレーシックの手術を今までにたくさん受けていることでも有名です。
たとえばゴルフの有名な選手であるタイガーウッズもレーシックを受けた人の一人ですし、このほかにもボクシングなどで視力が悪くなった選手の視力回復のためにも、レーシックは行われているので有名です。
レーシックの手順はマイクロケラトームという機械を使って、まずは角膜の表面を薄めに削ってめくります。そしてエキシマレーザーを当てて角膜の一部分にレーザーを当ててそして先ほどの削った部分を元に戻すという手術です。早ければ両目で20分もあればレーシックの手術を受けることができますからとてもスピーディーな手術です。
今までコンタクトレンズをしていた人も面倒なコンタクトのケアから解放されるのがレーシックです。

 

レーシックをこれから受けようと思っている人にとっては、レーシックが失敗しないかどうかかなり不安を抱いているという人も多いのではないでしょうか。
レーシックは失敗が少ないとも言われているのですが中にはやはり失敗してしまうこともあります。レーシックの失敗といっても目が失明してしまうということではなくて色々な失敗例がありますからこれから紹介したいと思います。
レーシックの失敗例としては、まずハロ・グレア減少というのがあって、明るい場所に行くとモヤが目にかかっているように見えるような現象が起きることがあります。これはレーシックの失敗というか、半分くらいの人に起きやすい症状で半年くらい経てば収まるといわれてるレーシックの症状です。
そしてレーシックの失敗としてはレーシックを受けたのにすぐに元の視力に戻ってしまうということがあります。レーシック手術を受ける前の近視の状態に戻ってしまうことがありますからレーシックを受けてから数日様子を見てもしもまたすぐに戻った場合には失敗ということで再手術することになります。
そしてレーシックの手術を行うとドライアイになりやすくなるのですが、そのドライアイが重度になるという失敗があります。

 

 抜け毛対策  プチ豊胸をやる前に  エステサロンの光脱毛

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する